• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和3年度:問23 プロダクトポートフォリオマネジメントは、企業の経営資源を最適配分するために使用する手法であり、製品やサービスの市場成長率と市場におけるシェアから、その戦略的な位置付けを四つの領域に分類する。市場シェアは低いが急成長市場にあり、将来の成長のために多くの資金投入が必要となる領域はどれか。

ア 金の生る木

イ 花形

ウ 負け犬

エ 問題児

▼上に出てきた用語の意味
【プロダクトポートフォリオマネジメント PPM:Product Portfolio Management】複数の異なる分野の製品や事業を抱える企業で、経営資源の最適な配分比率を分析・決定するための手法。製品・事業分野を市場の成長性と自社の市場占有率(マーケットシェア)に基いて分類する。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類2:経営戦略 >中分類3:経営戦略マネジメント >9. 経営戦略手法 >(1) 経営情報分析手法:経営戦略のための情報活用に関する代表的な手法、及び分析結果の活用
〔用語例〕PPM(Product Portfolio Management)

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類8:経営戦略 >中分類19:経営戦略マネジメント >1.経営戦略手法 >(2)全社戦略:全社戦略の考え方、代表的な戦略と手法のあらましを理解する。
〔用語例〕PPM(Product Portfolio Management:プロダクトポートフォリオマネジメント)
解答エ