• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼平成29年度春期:問65 非機能要件の定義で行う作業はどれか。

ア 業務を構成する機能間の情報(データ)の流れを明確にする。

イ システム開発で用いるプログラム言語に併せた開発基準、標準の技術要件を作成する。

ウ システム機能として実現する範囲を定義する。

エ 他システムとの情報授受などのインタフェースを明確にする。

▼上に出てきた用語の意味
【非機能要件 non-functional requirement】情報システムやソフトウェアの開発に際して定義される要件のうち、機能面以外のもの全般。性能や信頼性、拡張性、運用性、セキュリティなどに関する要件が含まれる。(IT用語辞典 e-Words)

【機能要件 functional requirement】情報システムやソフトウェアの開発に際して定義される要件のうち、機能や挙動に関するもの。主に要求分析や要件定義などの工程で検討・決定される。システムが備えるべき機能や動作、振る舞いを定義したもので、システムが何を扱うのか、何を行うのか、利用者や外部システムに対してどのように振る舞うのかといったことを定める。扱うデータの種類や構造、処理内容、画面表示や操作の方法、帳票などの出力の形式などが含まれる。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
中分類7:システム企画 >23. 要件定義 >(1) 業務要件定義:経営戦略やシステム戦略、利用者のニーズを考慮してシステムに求める機能及び要件を定義する。
〔用語例〕機能要件・非機能要件の定義

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
中分類18:システム企画 >2.要件定義 >(2)要件定義 >② 要件の定義:要件定義には、業務上実現すべき要件である業務要件定義と、業務要件を実現するために必要な情報システムの機能を明らかにする機能要件定義、パフォーマンスや信頼性、移行要件などの非機能要件定義がある。複数の利害関係者がいてそれぞれに要求する内容や重みが異なる。
解答イ