• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼AP令和3年度春期:問55 プロジェクトメンバが16人のとき、1対1の総当たりでプロジェクトメンバ相互の顔合わせ会を行うためには、延べ何時間の顔合わせ会が必要か。ここで、顔合わせ会1回の所要時間は0.5時間とする。

ア 8

イ 16

ウ 30

エ 60

▼上に出てきた用語の意味
【順列 Permutation】異なる n個のものから r個を選んで並べるしかた。順列の総数の表し方は nPr。計算の方法は、n! /(n-r)!  この問題では、16! / 14! = 16*15 = 240 の並びがある。でも同じ人との顔合わせが重複している。(CASIO 生活や実務に役立つ計算サイト ke!san を参照)

【組合せ Combination】異なる n個のものから r個を選ぶこと。組み合わせの総数の表し方は nCr。計算の方法は、n! を r!(n-r)! で割る。この問題では、16! / (2!*14!) = 16*15 / 2! =8*15 = 120 の組合せがある。1回0.5時間なので60時間かかる。 (CASIO 生活や実務に役立つ計算サイト ke!san を参照)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
中分類10:プロジェクトマネジメント >27. プロジェクトマネジメント >(1) プロジェクトマネジメント >② プロジェクトマネジメントのプロセス:プロジェクトを立ち上げ、計画に基づいてプロジェクトを進め、レビューなどを通じて進捗、コスト、品質及び資源を管理し、目標を達成する流れであること
〔用語例〕プロジェクトコミュニケーションマネジメント、プロジェクトマネージャ、プロジェクトメンバ

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
中分類14:プロジェクトマネジメント >1.プロジェクトマネジメント >(2)プロジェクトの体制と自己管理 >① プロジェクトの体制
〔用語例〕プロジェクトチーム
6.プロジェクトの時間 >(1)時間の対象群が含むプロセス
解答エ