• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

10才上のF・ウィリアムスさん(8月31日)の右腕として、イギリスの初期コンピュータの開発に携わった数学者。最初の出会いウィリアムスさんがレーダーの開発を行っていたとき新人として付いたとき。▼キルバーンさんは数学者なのでレーダーに必要なハードを扱うのは初めてだった。未経験者の新人にウィリアムスさんは最初はがっかり。しかし、キルバーンさんはダメ新人ではなかった。レーダー開発で知ったコンピュータに適性を見つける。そこから長足の進歩を遂げ、当時のコンピュータの弱点だったメモリ装置をウィリアムスさんと共同で発明するまでの域に達する。結果、ウィリアムスさんの右腕としてなくてはならない存在になる。▼ウィリアムスさんに引っ張られてマンチェスター大学に行く。そこでチューリングさんにも会っている。プログラム内蔵方式コンピュータの理論の本家に腰を据え、マンチェスター大学をコンピュータに強い大学へと発展させる中興の祖になる。▼コンピュータの黎明期は大学と企業の関係が密で、大学で生まれた技術やノウハウが企業の手で商業化される道筋があった。アカデミックにもビジネスにもプラスをもたらす働きをした人物である。

トム・キルバーン Tom Kilburn 1921-2001 数学者。コンピュータ科学者。

1921年、英国ヨークシャー州デウスバリー生まれ。父は毛織工場の勤め人。
教育
1932年(11才)Wheelwright Grammar School for Boys に入学。校長が数学の適性を見出し激励。運動、特にランニングが好き(チューリングさんに似ている)。
1939年(18才)WWII
1940年(19才)Wheelwright Grammar School for Boys を卒業。複数の奨学金を得てケンブリッジ大学シドニー・サセックス・カレッジに入学、数学を学ぶ。ケンブリッジ大学の数学研究グループに入り、G・ウェルチマンさん(8月23日)らと交流。
1942年(21才)戦争のため学生時代が短縮されて卒業。
活動
1942年(21才)電気通信研究財団 Telecommunications Research Establishment(TRE)に入りF・ウィリアムスさんの下でレーダー開発。回路設計やデバッグに携わりながら急速にスキルを上げ、コンピュータに興味を持つ。
1945年(24才)WWII終戦
1946年(25才)ブラウン管を記憶デバイスにした Williams–Kilburn tube を発明。
1946年(25才)ウィリアムスさんがマンチェスター大学に移ることになったのでTREから出向。
1948年(27才)Manchester Baby(Manchester Small-Scale Experimental Machine)のメモリにWilliams–Kilburn tube を使用してプログラム内蔵方式の電子コンピュータを完成させる。
1948年(27才)ウィリアムさんが指導教員となりManchester Babyの研究でマンチェスター大学から博士号を取得。ウィリアムさんの説得でTREに戻らずマンチェスター大学で世界最初の商用コンピュータ Ferranti Mark 1の開発に携わる。以後、30年間にわたりManchester computers を手掛ける。
1951年(30才)Mark I (別名Meg: megacycle machine )を開発。
1953年(32才)真空管をトランジスタに置き換える試みを並行して行う。
1954年(33才)Megの運用が始まる。Ferranti 社が Mercury と名付けて19台販売。
1955年(34才)トランジスタ使用のコンピュータは、Standard Telephones and Cables Ltd が製造、Metropolitan-Vickersが Metrovick 950 と名付けて販売。
1956年(35才)さらなる高性能を追求した Atlas の開発が始まる。マンチェスター大学、ロンドン大学、ラザフォード研究所に収められる。
1960年(39才)マンチェスター大学電子工学部の教授(コンピュータ技術)になる。
1964年(43才)マンチェスター大学にコンピュータサイエンス研究科を創設し初代研究科長になる。
1968年(47才)ハイレベルプログラミング言語が使用できる MU5 プロジェクトが開始。
1981年(60才)慢性気管支炎を患う奥さんのためにマンチェスター大学を早期退職。
1998年(77才)マンチェスター科学・産業博物館でManchester Babyの完全レプリカThe Babyを制作して発表。
2001年(80才)死去。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3
https://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Kilburn