• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和4年度:問41 テレワークを推進しているある会社では、サテライトオフィスを構築している。サテライトオフィスで使用するネットワーク機器やPCを対象に、落雷による過電流を防止するための対策を検討した。有効な対策として、最も適切なものはどれか。

ア グリーンITに対応した機器の設置

イ サージ防護に対応した機器の設置

ウ 無線LANルータの設置

エ 無停電電源装置の設置

▼上に出てきた用語の意味
【ファシリティマネジメント facility management】企業が業務に用いる不動産(土地・建物)や設備を、より少ないコストでより有効に活用する管理手法。(IT用語辞典 e-Words)

【サージ防護デバイス Surge Protective Device】雷などで生じる瞬間的な高電圧や大電流(サージ)から電気回路を保護する装置。(IT用語辞典 e-Words)

【無停電電源装置 UPS:Uninterruptible Power Supply】電源装置の一種。二次電池など電力を蓄積する装置を内蔵し、外部からの電力供給が途絶えても一定時間決められた出力で外部に電力を供給することができる装置。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類6:サービスマネジメント >中分類11:サービスマネジメント >30. ファシリティマネジメント >(1) システム環境整備
〔用語例〕サージ防護

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類6:サービスマネジメント >中分類15:サービスマネジメント >5. ファシリティマネジメント >(1)ファシリティマネジメント >② 施設管理・設備管理
〔用語例〕アレスタなどのサージ防護デバイス
解答イ