• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和4年度:問39 提供するITサービスの価値を高めるためには、サービスの提供価格、どのようなことができるかというサービスの機能、及び可用性などを維持するサービスの保証の三つのバランスを考慮する必要がある。インスタントメッセンジャのサービスに関する記述のうち、サービスの保証に当たるものはどれか。

ア 24時間365日利用可能である。

イ ゲームなどの他のソフトウェアと連携可能である。

ウ 無料で利用可能である。

エ 文字の代わりに自分で作成したアイコンも利用可能である。

▼上に出てきた用語の意味
【可用性 availability】システムなどが使用できる状態を維持し続ける能力。利用者などから見て、必要なときに使用可能な状態が継続されている度合いを表したもの。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類6:サービスマネジメント >中分類11:サービスマネジメント >29. サービスマネジメントシステム >(1) サービスマネジメントシステムの概要
〔用語例〕サービス可用性管理

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類6:サービスマネジメント >中分類15:サービスマネジメント >2. サービスマネジメントシステムの計画及び運用 >(18)サービス可用性管理
〔用語例〕サービス可用性
解答ア