• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和4年度:問17 BYODの事例として、適切なものはどれか。

ア 会社から貸与されたスマートフォンを業務中に私的に使用する。

イ 会社から貸与されたスマートフォンを業務で使用する。

ウ 会社が利用を許可した私物のスマートフォンを業務で使用する。

エ 私物のスマートフォンを業務中に私的に使用する。

▼上に出てきた用語の意味
【BYOD Bring Your Own Device】企業などで従業員が私物の情報端末などを持ち込んで業務で利用すること。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類3:システム戦略 >中分類6:システム戦略 >19. 業務プロセス >(3) IT の有効活用 >① システム化による業務効率化
〔用語例〕BYOD(Bring Your Own Device)

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類7:システム戦略 >中分類17:システム戦略 >4. システム活用促進・評価 >(1)システム活用促進・評価 >① システム活用促進と評価の目的と考え方
〔用語例〕BYOD(Bring Your Own Device)
解答ウ