• 電気通信大学、プログラミング教室

▼令和2年度:問93 無線LANにおいて、PCとアクセスポイント間の電波傍受による盗聴の対策として、適切なものはどれか。

ア MACアドレスフィルタリングを設定する

イ アクセスポイントからのESSID通知を停止する。

ウ アクセスポイントのESSIDを推定しにくい値に設定する。

エ セキュリティの設定でWPA2を選択する。

▼上に出てきた用語の意味
【MACアドレスフィルタリング MAC address filtering】無線LANルータ(Wi-Fiルータ)が備える機能の一つ。特定のMACアドレスからしか接続できないようにする機能。(IT用語辞典 e-Words)

【アクセスポイント AP:Access Point】通信ネットワークの末端でコンピュータなどからの接続要求を受け付け、ネットワークへの通信を仲介する施設や機器のこと。(IT用語辞典 e-Words)

【ESSID Extended Service Set Identifier】無線LAN(Wi-Fi)における無線アクセスポイント(AP/親機)および無線ネットワークの識別名。(IT用語辞典 e-Words)

【WPA2 Wi-Fi Protected Access 2】無線LAN(Wi-Fi)上で通信を暗号化して保護するための技術規格の一つ。WPAの後継。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類9:技術要素 > 中分類23:セキュリティ>63. 情報セキュリティ対策・情報セキュリティ実装技術 >(2) 暗号技術:情報セキュリティを維持するために必要な暗号技術の基本的な仕組み、暗号化アルゴリズム、暗号強度などの特徴
〔活用例〕WPA2 などによる無線LAN の暗号化

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類3:技術要素 >中分類11:セキュリティ >5. セキュリティ実装技術 >(1)セキュアプロトコル:通信データの盗聴、不正接続を防ぐセキュアプロトコルの種類と効果を理解する。
〔用語例〕WPA2
解答エ