• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:問78 通信プロトコルとしてTCP/IPを用いるVPNには、インターネットを使用するインターネットVPNや通信事業者の独自ネットワークを使用するIP-VPNなどがある。インターネットVPNではできないが、IP-VPNではできることはどれか。

ア IP電話を用いた音声通話

イ 帯域幅などの通信品質の保証

ウ 盗聴、改ざんの防止

エ 動画の配信

▼上に出てきた用語の意味
【VPN Virtual Private Network】通信事業者の公衆回線を経由して構築された仮想的な組織内ネットワーク。(IT用語辞典 e-Words)

【IP-VPN Internet Protocol Virtual Private Network】地理的に離れた構内ネットワーク(LAN)同士を接続して一体的に運用するVPN(Virtual Private Network:仮想専用ネットワーク)の方式の一つ。通信事業者の運用するIP(Internet Protocol)ベースの閉域網を経由して拠点間を接続するもの。セキュリティの確保や品質制御などでは格段に優れている。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類9:技術要素 >中分類22:ネットワーク >60. ネットワーク応用 >(3) 通信サービス:通信サービスの概要

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類3:技術要素 >中分類10:ネットワーク >5. ネットワーク応用 >(5)通信サービス:代表的な通信サービスの種類、特徴を理解する。
〔用語例〕IP-VPN
解答イ