• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:問50 プロジェクトメンバ間のコミュニケーションのルールを明確にするための施策として、適切なものはどれか。

ア 作成すべき成果物を定義する。

イ 実際に使った費用を把握し、計画とのずれがあれば対策を講じる。

ウ スケジュールを作成し、進捗管理を行う。

エ プロジェクト情報の作成や配布の方法を明確にする。

▼上に出てきた用語の意味
【プロジェクト】プロジェクトの目標を達成するために遂行する、開始日と終了日とをもち、調整し、かつ、管理する活動で構成するプロセスの独自性のある集合。(FEシラバス)

【プロジェクトマネジメント】方法、ツール、技法及びコンピテンシを、あるプロジェクトに適用することであり、複数のプロセスを通じて遂行するもの。(FEシラバス)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類5:プロジェクトマネジメント >中分類10:プロジェクトマネジメント >(1) プロジェクトマネジメント >② プロジェクトマネジメントのプロセス
〔用語例〕プロジェクトメンバ

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類5:プロジェクトマネジメント >中分類14:プロジェクトマネジメント >1. プロジェクトマネジメント >(2)プロジェクトの体制と自己管理 >① プロジェクトの体制
〔用語例〕プロジェクトチーム、コミュニケーション
解答エ