• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:問14 ウェアラブルデバイスを用いている事例として、最も適切なものはどれか。

ア PCやタブレット端末を利用して、ネットワーク経由で医師の診療を受ける。

イ スマートウォッチで血圧や体温などの測定データを取得し、異常を早期に検知する。

ウ 複数の病院のカルテを電子化したデータをクラウドサーバで管理し、データの共有を行う。

エ ベッドに人感センサを設置し、一定期間センサに反応がない場合に通知を行う。

▼上に出てきた用語の意味
【ウェアラブルデバイス wearable device】小型の携帯型コンピュータの一種。体に身につけて持ち運び、そのままの状態で使用できるもの。例、スマートウォッチやスマートグラス。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類2:経営戦略 >中分類5:ビジネスインダストリ >17. IoT システム・組込みシステム >(1) IoT を利用したシステム:近年の技術の進展に伴うIoT を利用した代表的なシステムの例や、それらに用いられている基本的な技術や機器の名称
〔用語例〕スマートグラス、スマートスピーカ

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類8:経営戦略 >中分類21:ビジネスインダストリ >4. 民生機器 >(2)民生機器 >② 民生機器の例:炊飯器、洗濯機、エアコンなどの家電機器、デジタルTV、DVD などのAV 機器、携帯電話、スマートフォンなどの個人用情報機器、教育・娯楽機器、POS 端末などの業務用端末機器などがあることを理解する。
〔用語例〕ウェアラブルコンピュータ
解答イ