• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:問12 A社では、設計までをA社で行ったプログラムの開発を、請負契約に基づきB社に委託して行う形態と、B社から派遣契約に基づき派遣されたC氏が行う形態を比較検討している。開発されたプログラムの著作権の帰属に関する規定が会社間の契約で定められていないとき、著作権の帰属先はどれか。

ア 請負契約ではA社に帰属し、派遣契約ではA社に帰属する。

イ 請負契約ではA社に帰属し、派遣契約ではC氏に帰属する。

ウ 請負契約ではB社に帰属し、派遣契約ではA社に帰属する。

エ 請負契約ではB社に帰属し、派遣契約ではC氏に帰属する。

▼上に出てきた用語の意味
【業務請負】企業などから業務の一部を請け負うこと。依頼主と請負事業主が業務の内容や成果、期間、報酬などを定めた契約を交わし、遂行された業務に対して報酬を支払う。(IT用語辞典 e-Words)

【労働者派遣】ある事業者が雇用している従業員を別の事業者の事業所に勤務させ、その事業者の管理監督者の指揮命令により労働させること。(IT用語辞典 e-Words)

【著作権 copyright】知的財産権の一種で、思想や感情を創作的に表現した者がその表現の利用を独占できる権利。日本では著作物を創作した時点で自然に発生し、作者の死後50年後まで認められる。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類1:企業と法務 >中分類2:法務 >6. 労働関連・取引関連法規 >(1) 労働関連法規 >④ 契約類型
・契約の種類としての、請負契約や派遣契約などの基本的な特徴
〔用語例〕(準)委任契約、雇用契約

大分類1:企業と法務 >中分類2:法務 >4. 知的財産権 >(1) 著作権法:音楽、動画、漫画、コンピュータプログラムなど、知的創作物には著作権が発生し、無断でコピーする行為、違法にアップロードされたコンテンツと知りながらダウンロードする行為などは違法行為に当たること

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類9:企業と法務 >中分類23:法務 >3. 労働関連・取引関連法規 >(1)労働関連の法規 >② 労働者派遣法:労働者を派遣する場合、労働者、派遣先、派遣元の三者がどのような契約に基づいて、どのような関係にあるかなど、労働者派遣法のあらましを理解する。また、派遣契約と請負契約との違いを理解する
〔用語例〕労働者派遣契約、雇用

大分類4:開発技術 >中分類13:ソフトウェア開発管理技術 >2. 知的財産適用管理 >(1)著作権管理:開発するソフトウェアの著作権の帰属の考え方を理解する
〔用語例〕プログラムの著作者、職務著作
解答ウ