• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和3年度:問90 CPUのクロックに関する説明のうち、適切なものはどれか。

ア USB接続された周辺機器とCPUの間のデータ転送速度は、クロックの周波数によって決まる。

イ クロックの間隔が短いほど命令実行に時間が掛かる。

ウ クロックは、次に実行すべき命令の格納位置を記録する。

エ クロックは、命令実行のタイミングを調整する。

▼上に出てきた用語の意味
【CPU Central Processing Unit】中央処理装置。コンピュータの主要な構成要素の一つ。他の装置・回路の制御やデータの演算などを行う装置。(IT用語辞典 e-Words)

【クロック clock】電子基板や半導体チップなどの内部で、複数の電子回路が信号を送受信するタイミングを揃えるために、規則正しく刻まれる電気信号のこと。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類8:コンピュータシステム > 中分類15:コンピュータ構成要素>40. プロセッサ >(2) プロセッサの基本的な仕組み:プロセッサの基本的な仕組み、機能及び性能の考え方
〔用語例〕クロック周波数

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類2:コンピュータシステム >中分類3:コンピュータ構成要素 >1.プロセッサ >(7)プロセッサの性能:クロック周波数、CPI(Cycles Per Instruction)、MIPS などの意味を理解する。
解答エ