• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和3年度:問64 CPUの内部にある高速小容量の記憶回路であり、演算や制御に関わるデータを一時的に記憶するのに用いられるものはどれか。

ア GPU

イ SSD

ウ 主記憶

エ レジスタ

▼上に出てきた用語の意味
【CPU Central Processing Unit】中央処理装置。コンピュータの主要な構成要素の一つ。他の装置・回路の制御やデータの演算などを行う装置。演算装置と制御装置を統合したもの。(IT用語辞典 e-Words)

【GPU Graphics Processing Unit】コンピュータに搭載される半導体チップの一種。画面表示や画像処理に特化した演算装置。特に、3次元グラフィックス(3DCG)描画や動画の圧縮・展開などに必要な演算を高速化する。(IT用語辞典 e-Words)

【SSD Solid State Drive】記憶媒体としてフラッシュメモリを用いた外部記憶装置。(IT用語辞典 e-Words)

【主記憶 main memory】コンピュータ内部でデータやプログラムを記憶する記憶装置のうち、中央処理装置(CPU)と基板上の電気配線などを通じて直に接続されたもの。(IT用語辞典 e-Words)

【レジスタ register】マイクロプロセッサ(MPU/CPU)内部にある、演算や実行状態の保持に用いる記憶素子。最も高速な記憶装置。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類 8:コンピュータシステム >中分類 15:コンピュータ構成要素 >40. プロセッサ >(2) プロセッサの基本的な仕組み:プロセッサの基本的な仕組み、機能及び性能の考え方
〔用語例〕CPUGPU

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類 2:コンピュータシステム >中分類 3:コンピュータ構成要素 >1.プロセッサ >(3)プロセッサの種類:プロセッサの種類、それぞれの基本的な特徴、用途を理解する
〔用語例〕CPUGPU
解答エ