• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼平成28年度秋期:問62 2種類のIT機器a、bの購入を検討している。それぞれの耐用年数を考慮して投資の回収期間を設定し、この投資で得られる利益の全額を投資額の回収に充てることにした。a、bそれぞれにおいて、設定した回収期間で投資額を回収するために最低限必要となる年間利益に関する記述のうち、適切なものはどれか。ここで、年間利益は毎年均等に上げられ、利率は考慮しないものとする。

ア aとbは同額の年間利益を上げる必要がある。

イ aはbの2倍の年間利益を上げる必要がある。

ウ bはaの1.5倍の年間利益を上げる必要がある。

エ bはaの2倍の年間利益を上げる必要がある。

▼上に出てきた用語の意味
【IT投資ポートフォリオ】企業などが情報システムなどIT関連の投資を行う際に、対象をその特性によっていくつかの種類に分類し、企業戦略などに沿って投資額の配分を調整する手法。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
中分類1:企業活動 >3. 会計・財務 >(1) 会計と財務 >② 財務諸表の種類と役割:企業における損益計算書などの財務諸表や勘定科目などの種類と役割
〔用語例〕投資利益率

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
中分類17:システム戦略 >1.情報システム戦略 >(1)情報システム戦略>⑤ 情報システム投資計画:情報システム投資計画は、経営戦略との整合性を考慮して策定する。計画の決定に際してその影響、効果、期間、実現性などの観点から複数の選択肢を検討する
〔用語例〕IT 投資マネジメント
解答エ