• プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼ミドルウェアについての説明はFEの内容の(1)にある。OSと応用ソフト(ワープロソフトや表計算ソフトなどのアプリ)の中間に位置するソフト。

▼Iパスのシラバスにはなく、FEとAPにはある。それだけミドルウェアという項目は専門性が高いことがわかる。

▼教室の受講生で進んでいる人は内容の(3)や(4)を便利な道具として使いこなしている。それは良いけど、自分が使っているのがミドルウェアだと理解して知識体系に組み込むには、FEでコンピュータ科学の知識を身に着けると一石二鳥。