• プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼今回の答えは、コンピュータに関わるハード、ソフト、ネットワークの全てに関与できるコンピュータ科学者がふさわしい時と場と仲間を得たから。49才のとき(1992年)にチューリング賞を受賞している。受賞理由でそう言っている。
▼史上初のパソコンが誕生する。鍵は、パロアルト研究所PARC、テイラーさん(11月9日)、集まったチームのメンバーだ。

バトラー・ランプソン Butler Lampson 1943-
1943年、ワシントンD.C.生まれ
1945年(2才)WWII終戦
教育
全寮制エリート高校 Lawrenceville School
1964年(21才)Harvard大学でAB(Physics)。 Ken Iverson氏からプログラミング言語APLを修得。
1967年(24才)カリフォルニア大学バークレー校でPhD(Electrical Engineering and Computer Science)。Project GENIE に参加、Peter Deutsch氏と出会う。専門を物理からコンピュータに転換。
同大コンピュータセンターのCDC 6400を使った Cal time-sharing system の設計を担当。Jim Gray氏、 Charles Simonyi氏、Bruce Lindsay氏と出会う。
1969年(26才)バークレー校のProjcet GENIE では次のコンピュータ開発に進めなかった。そこで仲間とBerkeley Computer Corporation (BCC) を起業。2年間に渡って設計とOSのコード開発に没頭。しかし商業的にうまくいかず。
活動
1971年(28才)Xerox Palo Alto Research Center (PARC) がスタート。テイラーさんが設立したComputer Science Laboratory (CSL)にBCCのメンバー、サッカーさん、Peter Deutsch氏、C・ Simonyi氏、Jim Mitchell氏らと合流、未来のオフィスの創造活動に着手(1984年まで)
1973年(30才)史上初のパソコンAltoが完成。600 x 800 ピクセルのモノクロディスプレイ(全体の半分の128KBのメモリを食った)、ハードディスク、イーサネット、レーザープリンタを持つ。ランプソンさんが装置の一部の設計とOSを担当。
1984年(41才)Digital Equipment CorporationのSystems Research Center (SRC) に移籍。コーポレート・コンサルティング・エンジニア(1995年まで)。セキュアなe-mailシステムの開発を行う。
1987年(44才)マサチューセッツ州ケンブリッジに転居。DECを続けながらMITの Electrical Engineering and Computer Science Departmentで非常勤教授。
1992年(49才)チューリング賞を受賞(ワークステーション、ネットワーク、OS、プログラミングシステム、ディスプレイ、セキュリティ、文書の公開等によるパーソナルコンピューティング環境と実装技術への貢献) 手がけたテーマ:computer architecture, local area networks, raster printers, page description languages, operating systems, remote procedure call, programming languages and their semantics, programming-in-the-large, fault-tolerant computing, transaction processing, computer security, WYSIWYG editors, and tablet computers.
1995年(52才)Microsoftで Technical Fellow 。tablet PCのソフト開発に携わる。

https://amturing.acm.org/award_winners/lampson_1142421.cfm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%B3