• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

▼サスマン氏は、MITのPanasonic(以前はMatsushita) Professor(電子工学)。
▼計算機科学分野の古典的な教科書”Structure and Interpretation of Computer Programs (SICP)”の著者。プログラミング言語Schemeの開発者。フリーソフトウェア財団の設立者。

ジェラルド・ジェイ・サスマン Gerald Jay Sussman 1947- 計算機科学者
1947年、アメリカ生まれ。
教育
1964年(17才)MITでAIに関わる。
1968年(21才)MITでS.B.(数学)
1973年(26才)MITでPh.D.(数学)(指導教員はS・パパート先生)
活動
1975年(28才)Guy L. Steele Jr.さんとプログラミング言語 Scheme を開発。Project MACを進める。
Very Large Scale Integration (VLSI)設計用ツールとしてAIベースのCADシステムを開発。
1978年(31才)最初のScheme chipsを開発。
1985年(38才)フリーソフトウェア財団の設立に参加。MIT/GNU Schemeを公開。 “Structure and Interpretation of Computer Programs (SICP) “の共同執筆者
1988年(41才)Digital Orrery 開発。
1990年(43才)ACMのKarl Karlstrom Outstanding Educator Awardを受賞。
MITのPanasonic Professor of Electrical

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3
https://en.wikipedia.org/wiki/Gerald_Jay_Sussman
http://groups.csail.mit.edu/mac/users/gjs/