• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

▼Laboratory for Computer Science(LCS)でダートウゾスさんに続く第2代所長。また、Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory(CSAIL)で第2代所長を務めた人物。
▼中国で生まれ18才からアメリカに渡りMITでアメリカ英語を音響学の視点で研究。ProjectMACのメンバーになり、コンピュータと人間が音声で会話できるシステムを研究。
▼異なる言語環境の中に行っても言語を専門で扱う人物が活躍できる環境がある~アメリカでコンピュータとネットワークが発達した理由だ。

ヴィクター・ズー Victor Waito Zue 1944-  コンピュータ科学者
1944年、中国の四川生まれ。台湾と香港で育つ。
1945年(1才)WWII終戦
教育
1962年(18才)渡米、フロリダ大学に入学。
1968年(24才)フロリダ大学で学士(電子工学)。
1976年(32才)MITでSc.D. (指導教員はKenneth N. Stevens先生) 音響学、音声学、アメリカ英語の音韻特性を研究。
音声言語による人とコンピュータのインターフェース研究に進む。
活動
1989年(45才)MIT Laboratory for Computer Science (LCS)で音声言語システムグループを率いる(2001年まで)。
2001年(57才)第2代LCS所長(2003年まで)。
2007年(63才)Computer Science and Artificial Intelligence Lab (CSAIL)第2代所長(2011年まで)。
TIMIT Acoustic-Phonetic Continuous Speech Corpusの開発に携わる。
2011年(67才)教育と研究に戻る。
2013年(69才)Audio Processing Award

https://www.csail.mit.edu/person/victor-zue
https://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Zue