• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

▼ベティ・ホルバートンさんはENIACを稼働させるための6人の女性プログラマの一人。ジーン・パーティクさん(10月29日)と組んで1946年2月15日にペンシルバニア大学で行われたENIACの公開デモのプログラミングを担当。新聞記者の期待に応えるデモで大成功に導いた。
▼エッカートさんとモークリーさんがEMCCを起業するとジーン・パーティクさんと二人ですぐに合流。プログラミングの重要性を認識していたモークリーさんらと協力して基本的な機能の開発を進めた。プログラミング基盤のパイオニアだ。
▼ベティ・ホルバートンさんのwikipediaの伝記ではペンシルバニア大学でジャーナリズムを専攻したとあるものの、どうやって砲弾研究所に採用されるだけの数学力を身に着けたのか不明である。80人の弾道計算手の中からENIACのプログラマに抜擢され、問題を解決し、EMCCでもプログラマをやり、さらにグレースホッパーさんらとCOBOLやFORTRANの仕様決定にも携わった人だ。どこでどうやって数学を学んだのだか知りたい。
▼ベティ・ホルバートンさんの際立った問題解決力について、ジーン・パーティクさんの感想。「彼女は睡眠中でも起きている人より多くの問題を解決していたわ」。

ベティ・ホルバートン Betty Holberton 1917-2001 プログラマ
フランシス・エリザベス・ホルバートン Frances Elizabeth Holberton
1917年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。Frances Elizabeth Snyder
教育
ペンシルバニア大学に入学。ジャーナリズムを専攻。
活動
1939年(22才)WWII
1942年(25才)ペンシルバニア大学ムーア・スクールで陸軍の弾道計算手計算手として雇用。
ENIACのプログラマに選抜される。
1945年(28才)WWII終戦
1946年(29才)ジーン・バーティクさん(10月29日)とENIACの公開デモのための準備を行う。成功を収める。
1946年(29才)モークリーさんとエッカートさんがペンシルベニア大学を辞め、EMCC(10月20日)を創業。バーティクさんと共にプログラマとして合流。
1950年(33才)EMCCがレミントンランド(10月21日)に買収される。統計分析パッケージを開発、米国国勢調査に使用される。
1953年(36才)メリーランド州の海軍応用数学研究所で高度プログラミングのスーパーバイザー(1966年まで)。
1955年(38才)レミントンランド社が電気機械メーカーのスペリー社(10月22日)と合併。スペリーランドのUnivac部門になる。
1959年(42才)海軍デヴィッド・テイラー船型研究所の応用数学研究所でプログラミング研究部門の責任者。黒色の外装をグレーベージュトーンに変更。以後、この色がスタンダードになる。大容量のデータファイルからソートとマージを行うプログラムを開発する。
1960年(43才)グレース・ホッパーさん(10月19日)が行うCOBOLの初期標準の開発に参加。FORTRANの初期標準の開発にも参加。
1966年(49才)アメリカ国立標準局に入る。
1977年(60才)アメリカ国立標準局でFORTRAN 77に関わる。
1991年(74才)アメリカ国立標準局でFortran 90に関わる。
1997年(80才)オリジナルのENIACプログラマたちと共に Women in Technology International の「女性技術者の殿堂」に入る。エイダ・ラブレス賞を受賞。
2002年(85才)死去。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3