• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

▼子供時代、アメリカの子供向け科学教育プログラムMr. Wizardを受け、最初は化学者や医者を夢見る時代もあった。大学では数学やコンピュータ科学を専門とする。
▼カリフォルニア大学バークレー校でPhDを取得した後、MITに講師として行く。ここでリベストさんやシャイアさんと知り合い、RSAアルゴリズムを開発する。エーデルマンさんがMITに在籍したのは3-4年で、またカリフォルニアに戻り、ずっと南カリフォルニア大学に所属。
▼コンピュータ・ウィルスという用語を作ったり、DNAコンピューティングを成功させるなどの功績を挙げる。
▼2002年、独創的な公開鍵暗号方式の開発と実装の貢献に対してリベストさん、シャイアさんと共にチューリング賞を受賞。

レオナルド・マックス・エーデルマン Leonard Max Adleman 1945- 暗号研究者
1945年、カリフォルニア州生まれサンフランシスコ育ち。父は技術装置の営業員。
教育
1968年(19才)カリフォルニア大学バークレー校でBA(数学)。卒業後、Bank of Americaに入社しプログラマ職に就く。
1976年(27才)カリフォルニア大学バークレー校でPhD(コンピュータ科学)。
活動
1977年(28才)MIT数学学部でAssistant Professor(79年まで)。
1978年(29才)シャミアさん、リベストさんとともに公開鍵暗号のRSA暗号を発明
1979年(30才)MIT数学学部でAssociate Professor(80年まで)。
1980年(31才)南カリフォルニア大学でAssociate Professor。
1982年(33才)C. PomeranceやR. S. Rumelyと共にAPR素数判定法を発見。
1983年(34才)南カリフォルニア大学で Professor。
リベストさん、シャイアさん、エーデルマンさんが共同でRSA Data Securityを設立。RSAは三人の名前の頭文字。
1984年(35才)教え子のフレッド・コーエンさんが論文「コンピュータウイルスの実験」を発表。コンピュータウイルスという用語はエーデルマンさんの造語と説明。
1985年(36才)南カリフォルニア大学で Henry Salvatori Professor。
1994年(45才)DNAでアルゴリズム計算を成功させ、DNAコンピューティングが大規模な組合せ最適化問題に適用できる可能性を示す。
2002年(53才)リベストさん、シャイアさん、エーデルマンさんの3人が共同でチューリング賞を受賞。独創的な公開鍵暗号方式の開発と実装の貢献に対して。
2006年(57才)南カリフォルニア大学で Professor(数学と物理)。

https://viterbi.usc.edu/directory/faculty/Adleman/Leonard
https://amturing.acm.org/award_winners/adleman_7308544.cfm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3