• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

計算複雑性理論は、コンピュータ科学の計算理論の一分野。スターンズさんはその分野の基盤を作る論文「On the Computational Complexity of Algorithms」をユリス・ハルトマニスさんと共同で執筆した数学者。

1936年、米国ニュージャージー州コールドウェル生まれ。
1939年(3才)WWII。
1945年(9才)WWII終戦。
教育
1958年(22才)カーレトン大学で B.A. in mathematics。
1961年(25才)プリンストン大学で Ph.D. in mathematics。指導教員はハロルド・W・クーン先生。
活動
1961年(25才)GEの研究所に入る(78年まで)。自由な雰囲気の環境で快適に過ごす。
1978年(42才)ニューヨーク州立大学オールバニ校コンピュータ科学研究科のChair(2000年まで)。
1993年(57才)チューリング賞を受賞。「計算複雑性理論の分野を確立した独創的な論文に対して」
2006年(70才)ニューヨーク州立大学オールバニ校コンピュータ科学研究科の名誉教授。

https://amturing.acm.org/award_winners/stearns_1081900.cfm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA
https://en.wikipedia.org/wiki/Richard_E._Stearns