• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

最初、自分の研究である3Dグラフィックスの高速表示技術を事業化するためSilicon Graphics社を設立。12年後、経営方針の違いから退社。次にWeb時代の到来に合わせNetscape Communications社に投資、設立。4年後に売却。その後も有望な会社に投資して成長を加速させる活動を続ける。WWWを土台にしたビジネス展開の事例である。

ジェームズ・クラーク James Henry Clark 1944- コンピュータ科学者、起業家

1944年、テキサス州プレインビュー生まれ。
教育
1960-64年(16-20才)高校を中退。海軍に入る。この間、エレクトロニクスに出会う。
高卒の資格がなかったが、テュレーン大学で夜間コースを履修。
ニューオーリンズ大で学士(物理学)と修士(物理学)を取得。
1974年(30才)ユタ大学からPhD(コンピュータ科学)を取得。

活動
1974-78年(30-33才)カリフォルニア大学サンタクルーズ校で助教授を務める。
1979-82年(34-37才)スタンフォード大学で電子工学の准教授を務める。
スタンフォード大院生と開発した3D画像表示の高速化技術で当時のジオメトリ・エンジンの頂点を極めた

起業と退社
1982年(37才)スタンフォード大院生とシリコン・グラフィックス社(SGI)を起業。初めのうちはCUIで操作していた。しかしすぐ強力なレンダリング装置を備えるUnixワークステーションに乗り換える。
1980年代の中盤からCPUをMotorola 68000からMIPS CPUに切り替える。
1991年(46才)SGIはハリウッド映画の視覚効果と3Dイメージング技術を提供する企業のリーダー的存在になる。SGIの特別なハードとグラフィックソフトにプレミア料金を支払えるハイエンド市場にフォーカスした。
1994年(49才)SGIの経営戦略を巡る意見の不一致のため退社。

二度目の起業と売却
1994年(49才)NCSAでMozaicの開発をリードしていたM・アンドリーセンを知る。400万ドル出資してNetscape社を共同設立。Netscape Navigatorを開発。
1995年(50才)ウォールストリートがインターネットブームに沸くなか、Netscape社をIPO。
1999年(54才)Netscape社がAOLに買収されたとき1.2億ドルを得る。

https://en.wikipedia.org/wiki/James_H._Clark
E756: Jim Clark (Netscape, Silicon Graphics) launches CommandScape, shares future of security, jobs