• 小中高生、大人、プログラミング教室、Python、Web、コンピュータサイエンス

WWWを快適に閲覧できるのはブラウザのおかげ。アンドリーセンさんはイリノイ大学の学部生時代にMozaicを開発して注目を集め、大学を卒業した後カリフォルニアに移り、起業してネスケ=Netscape Navigatorを発表。世界的ヒットとなる。会社は株式公開し、24才にして大金持ちになる(ほどなくしてネスケはMicrosoftのIEにボコボコにされてしまうが)。ここではIPOの3年後、会社がAOLに買収されるまでの足跡を見る。

マーク・ローウェル・アンドリーセン Marc Lowell Andreessen 1971-
ソフトウェア開発者。投資家。

1971年、アイオワ州生まれ、ウィスコンシン州育ち。
教育
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に入学。
学部生のとき、テキサス州オースチンのIBMで2度インターンシップを経験。
イリノイ大学NCSA(National Center for Supercomputing Applications)で働いている間、E・バイナと共同してユーザーフレンドリーなブラウザMosaicの開発を進める。UNIXのほかMacintoshでも利用できるようにした。
1993(22才)イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の学士(コンピュータ科学)取得。
NCSAがMosaicの権利を主張したため、Mosaicのコードと書類を破棄。

起業、IPO、バイアウト
Enterprise Integration Technologies社で働くためカリフォルニアに転居。
Silicon Graphicsの創設者J・クラークさんと出会う。クラークさんは、Mosaicの商業的な成功可能性を見通し、会社設立を勧める。そのアドバイスに従い、アンドリーセンさんはMosaic Communications Corporationを設立し共同創業者・技術担当副社長になる。クラークさんがCEO。
イリノイ大学が社名にMosaicの名前を使っているのに難色を示したので、Netscape Communicationsに社名を変更。ブラウザの名前をNetscape Navigatorにする。
1995年(24才)Netscape社が株式公開(IPO)を果たす。アンドリーセンさんは大金持ちになりTime誌はじめメディアに取り上げられる有名人になる。
マイクロソフトがInternet Explorerを発表しシェアが逆転する。
1998年(27才)Netscape社がAOLに買収される。アンドリーセンさんはCTOになるが1年経たずして退職。

https://en.wikipedia.org/wiki/Marc_Andreessen
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3
【ランキング】世界のWebブラウザ マーケットシェア(2009- 2019年)ランキング推移 & ヒストリー(2009Jan- 2019 Dec)

Marc Andreessen: Vision for Bitcoin