• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

今回の準備会議では、コンピュータ科学の基礎を伝える教材が議論の元になり20時に終わる予定が一時間伸びてしまいました。議論の元になったのはOSの章のプロセス間の競合の扱い方。教室では基本情報技術者試験(FE)の範囲を前提にしているものの、今回のテーマはFEを超えて応用情報技術者試験の範囲。だから難しい、というわけではなくて、テーマの説明にストーリーがあるかどうかの問題。つまり、新しい用語が出てくればその意味を説明し、それらが作り出す世界を物語れれば初学者にも伝わる。メカニズムだけあるいはロジックだけの説明では面白くない。こういうストーリーで行こうと決まった時点が議論の着地点でした。