• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

7月最初の授業の準備をしました。7月の目標は、7月28日の成果発表会で生徒全員が、自分の活動成果を報告する、です。7月7日の授業では、その目標に向けて、生徒が各自のテーマを推し進める意識を確認します。「ゲームを作る」「数学の問題をプログラムで表現する」「ハードを制御する」などそれそれの目標に向かってプログラミングに取り組む生徒と講師の意識合わせに相当します。当教室は、プログラミングを学ぶ、ということは、自分がしたいことをプログラミング言語で表現する方法を学ぶこと、と捉えています。ですので、講師は生徒に「何をしたいの?」「そのために何をしたの?」でフォローし、月末に成果を発表してもらいます。