• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

今回の情報提供のテーマは「目標達成率を上げる方法」。現状の認識と目標のイメージについて、それぞれ「ぼんやり」「はっきり」に分けて2×2の表で整理。4つのゾーンに区分し、プログラミング学習に関して自分がどのゾーンにいるか、目標達成率が一番高いゾーンAに行く(居続ける)にはどうすれば良いか、という問題を投げかけた。情報提供に続くグループコミュニケーションで、同じテーマについて話し合った。ゾーンAにいるのは少数派で、学校が忙しいなどの理由でゾーンBとCにいるという人が多かった。生徒は客観的に自己分析している。大人も頑張らなくては。