• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

脱初心者の加速をテーマに学習方法の見直しを行いました。よく見られる状況として「成果目標が明確な人ほど成長する」「テキストを淡々と進めるだけの人は迷走しやすい」があります。しかし、目標を設定することそもののが難しいと感じている生徒も少なくありません。そのような場合は、サンプルコードをもとに自分なりの工夫を加えて動かして見せる、という折衷的な方法も導入しています。学習方法が自分に合っているかそうでないか、も成長度に大きく影響します。成長エンジンは本人のやる気・興味・関心なので、そこをどう引き伸ばすか、も重要です。