• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

当教室は、小中高生がいて、大学・大学院生がいて、社会人がいる。3つの時代の人が混在している。

そこで見えてくるのが、それぞれの時代の作法の違いだ。
それぞれの時代の人が、まだまだ自分の能力エンジンのアクセルをもっと踏み込む余地を大きく残している。

なぜだろうか。自分の時代の作法が十分に理解できていなからではないか。
時代の作法と意味を知れば、もっとヤル気が出て、パフォーマンスも上がるのではないか。

そのため、時代の特長を整理している。