• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

4月4回目の授業なので、恒例の成果発表会を行いました。成果発表は全員のノルマなので、まずは各グループ内で発表。次に希望者は前に出て発表。今回は1・2限とも7名ずつでした。発表の内容と学年の相関はややあるかな程度。生徒の興味関心が違うので、発表内容も多様。人前で発表するだけで本人の気づきが格段に増えることは授業アンケートの記述から伝わって来ます。見ている生徒の刺激になっていることも授業アンケートから伝わります。生徒がプログラミングを何かをするときの手段として使いこなしている様子が頼もしい。