• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

第151回の授業は月が替わって2月。高いモチベーションの新入生徒が入り、先行する生徒の刺激になる。さて、準備会議の日は、1月で初めてのまとまった雨だった。準備会議でプログラミング言語について議論しているとき、講師学生のひとりが、C言語は低級言語と言ったのにおどろいた。もちろん低級言語の意味を承知の上でそう言っている。別の講師学生は、PythonもいずれJavaのようになると言った。不易流行である。