• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

毎月4回目の授業は120分に時間を拡大して生徒が成果報告を行っています。毎回、感心します。1月に入会した生徒には新しい教材を経験してもらっています。好結果が出ています。2月入会の生徒には、さらに改善した教材を提供します。この教材のポイントは、これからプログラミングを始める!というヤル気が高いタイミングの時に、実際に自宅で手を動かして小失敗と小成功体験を積み重ねられるところ。そのため小失敗の大切さを授業の冒頭に3分で力説しました。