• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

総作業時間は2.5時間程度でした。1日の中で2.5時間を使うのは、学校が開始してしまっては後期のほうが大変なので夏の最後に一つ形に(物理的に)なるなるものを作成することができてよかったです。 作業中は深く集中することができたので一種の写経のような感じでいいかもしれません。また、細かく手先を動かすことは脳にもいいらしいのでぜひ皆さんも一度は挑戦してはいかがでしょうか。 また、作成中にだんだん人型になっていく感覚はこういったフィギュアを買うのでは絶対に体験できないのでぜひ体験してほしいです。 悲しいかな一人お迎えすると加速度的に人数が増えていくという現実に家族の視線が痛いです まぁ、お迎えするのは10月と来年の1月ですからね(1月のは友人に発売日に買ってきてもらう予定です。私文は全休が当たり前のように有ってうらやましいナァ)]]>