• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

Razer Ornata Chromaです。そして、マウスの名前はRazer DeathAdder Eliteです。 [amazon_link asins=’B01MXW7PYD’ template=’CopyOf-ProductAd’ store=’atarasi09-22′ marketplace=’JP’ link_id=’2c303904-a56f-11e7-b9ee-ede02fa1d872′] [amazon_link asins=’B01MXVFVJO’ template=’CopyOf-ProductAd’ store=’atarasi09-22′ marketplace=’JP’ link_id=’52782e2d-a56f-11e7-b082-d11abadb6f67′]             キーボードの方はRazer Ornataというモデルも存在します。自分は敢えてChromaとついた方のモデルを購入しました。しかも、Chromaの方が数千円高かったのです。その数千円の違いは何だと思いますか?キーボードが1680万色に発光するかどうかなんです!!当然、1680万色に発光する方を購入しますよね?実はマウスの方も1680万色に発光することができるんです!!このマウスとキーボードで初給料の半分以上を使ってしまったのですが、めっちゃ満足しています!!!その理由として、自分は今までとある有名メーカーの2000円ほどの無線マウス&キーボードを使っていたのですが、どちらも全然使い心地が違います。キーボードは第一にめっちゃ発光してくれます。そして、以前使っていたものより打った時のレスポンスも段違いです。おまけにガチャガチャけたたましい音で反応してくれます。そして、付属品としてついてきたアームレストも快適さを更に向上させてくれます。これのおかげで角ばった机で手に後がついたり、それのせいで痛みを感じることはなくなりました。マウスは以前使っていたものはマウスパッドを用いても感度が悪かったのですが、今回購入したものは机で直に使ってもちゃんと追従してくれる上にボタンの数が4つ増えました!!さらに発光を制御するソフトではスクロールホイールの向きを逆転させることができるのでmacでもwindowsと同じ感覚でホイールを回すことができています。とても簡単に言うと2000円程度の無線キーボード&マウスセットとは比べ物にならないくらい機能が充実している(し、高級だ)ということです。 最後に、今まで安物のキーボードを使っていた時はゲームを主にしていた。しかし、このキーボードとマウスを購入してからはこんな高級品でくだらないゲーム(大作オープンワールドのFallOut4,Skyrimですが・・・)をするぐらいなら、キーボードでガシガシ打ち込むブログの執筆やプログラミングをやろう!!と思えるようになったことで制作意欲が上がったことだと思います。O先輩は「欲しくて悩むぐらいなら、多少無理してでも買ってしまえ」みたいなことを言っていましたよ。 (次はフレームアームズガールの制作レポを自分は書こうかなと思ってます。)]]>