• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:【テクノロジ系】問70 LPWAの特徴として、適切なものはどれか。

ア AIに関する技術であり、ルールなどを明示的にプログラミングすることなく、入力されたデータからコンピュータが新たな知識やルールなどを獲得できる。

イ 低消費電力型の広域無線ネットワークであり、通信速度は携帯電話システムと比較して低速なものの、一般的な電池で数年以上の運用が可能な省電力性と最大で数十kmの通信が可能な広域性を有している。

ウ 分散型台帳技術の一つであり、複数の取引記録をまとめたデータを順次作成し、直前のデータのハッシュ値を埋め込むことによって、データを相互に関連付け、矛盾なく改ざんすることを困難にして、データの信頼性を高めている。

エ 無線LANの暗号化方式であり、脆弱性が指摘されているWEPに代わって利用が推奨されている。

▼上に出てきた用語の意味
【LPWA Low Power, Wide Area】IoT(Internet of Things)用途に適した低消費電力の広域無線通信技術。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類9:技術要素 >中分類22:ネットワーク >58. ネットワーク方式 >(3) IoT ネットワークの構成要素
〔用語例〕LPWA(Low Power Wide Area)

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類3:技術要素 >中分類10:ネットワーク >5. ネットワーク応用 >(6)モバイルシステム >③ モバイル通信技術
〔用語例〕LPWA(Low Power Wide Area)
解答イ