• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:【マネジメント系】問51 リバースエンジニアリングで実施する作業として、最も適切なものはどれか。

ア 開発中のソフトウェアに対する要求変更などに柔軟に対応するために、短い期間の開発を繰り返す。

イ 試作品のソフトウェアを作成して、利用者による評価をフィードバックして開発する。

ウ ソフトウェア開発において、上流から下流までを順番に実施する。

エ プログラムを解析することで、ソフトウェアの仕様を調査してい設計情報を抽出する。

▼上に出てきた用語の意味
【リバースエンジニアリング reverse engineering】出荷された製品を入手して分解や解析などを行い、その動作原理や製造方法、設計や構造、仕様の詳細、構成要素などを明らかにすること。(IT用語辞典 e-Words)

【リバースエンジニアリング】既存のソフトウェアを解析して、仕様や構成部品などの情報を得るリバースエンジニアリングがある。リバースエンジニアリングの結果に基づいて、元のソフトウェアの権利者の許可なくソフトウェアを開発、販売すると、元の製品の知的財産権を侵害する可能性があること、利用許諾契約によっては、リバースエンジニアリングを禁止している場合もある(FEシラバス)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類4:開発技術 > 中分類9:ソフトウェア開発管理技術 >26. 開発プロセス・手法 >(2) 主なソフトウェア開発モデル
〔用語例〕リバースエンジニアリング

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類4:開発技術 >中分類13:ソフトウェア開発管理技術 >1. 開発プロセス・手法 >(1)ソフトウェア開発手法 >④ リバースエンジニアリング
解答エ