• 電気通信大学、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和2年度:【ストラテジ系】問7 蓄積されている会計、販売、購買、顧客などの様々なデータを、迅速かつ効果的に検索、分析する機能をもち、経営者などの意思決定を支援することを目的としたものはどれか。

ア BIツール

イ POSシステム

ウ 電子ファイリングシステム

エ ワークフローシステム

▼上に出てきた用語の意味
【BIツール Business Intelligence tools】企業の業務システムの一種で、データベースなどに蓄積された膨大なデータを抽出・加工・分析し、意思決定に活用できるような形式にまとめるもの。(IT用語辞典 e-Words)

【POSシステム Point Of Sales system】小売店などで客に商品を販売する際に何がいくつ売れたかを単品ごとに端末に入力し、売上や在庫などの情報をリアルタイムに管理するシステム。販売時点情報管理。(IT用語辞典 e-Words)

【ワークフローシステム workflow management system】組織内の特定のワークフローシステムを情報化し、コンピュータシステムで状態の管理を行えるようようにしたもの。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類1:企業と法務 > 中分類1:企業活動 >2. 業務分析・データ利活用 >(3) データ利活用 >③ データサイエンス、ビッグデータ分析
〔用語例〕BI(Business Intelligence)

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類7:システム戦略 > 中分類17:システム戦略 >4. システム活用促進・評価 >(1)システム活用促進・評価 >③ データの分析及び活用
〔用語例〕BI(Business Intelligence)ツール
解答ア