• 調布、プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和3年度:問85 無線LANのセキュリティにおいて、アクセスポイントがPCなどの端末からの接続要求を受け取ったときに、接続を要求してきた端末固有の情報を基に接続制限を行う仕組みはどれか。

ア ESSID

イ MACアドレスフィルタリング

ウ VPN

エ WPA2

▼上に出てきた用語の意味
【ESSID Extended Service Set Identifier】無線LAN(Wi-Fi)における無線アクセスポイント(AP/親機)および無線ネットワークの識別名。32文字(バイト)までの英数字で構成され、ネットワーク管理者が任意に設定できる。(IT用語辞典 e-Words)

【MACアドレスフィルタリング MAC address filtering】無線LANルータ(Wi-Fiルータ)などが備える機能の一つ。登録されたMACアドレスだけが接続できる機能。(IT用語辞典 e-Words)

【VPN Virtual Private Network】通信事業者の公衆回線を経由して構築された仮想的な組織内ネットワーク。(IT用語辞典 e-Words)

【WPA2 Wi-Fi Protected Access 2】無線LAN(Wi-Fi)上で通信を暗号化する技術規格の一つ。WPAの後継。(IT用語辞典 e-Words)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
大分類9:技術要素 >中分類23:セキュリティ > 63. 情報セキュリティ対策・情報セキュリティ実装技術 > (1) 情報セキュリティ対策の種類 >② 技術的セキュリティ対策:技術的セキュリティ対策の種類
〔用語例〕MACアドレスフィルタリング

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
大分類3:技術要素 >中分類11:セキュリティ >4.情報セキュリティ対策 >(1)情報セキュリティ対策の種類 >② 技術的セキュリティ対策:技術的セキュリティ対策として、ソフトウェア、データ、PC、サーバ、ネットワークなどに技術的対策を実施することによって、システム開発、運用業務などに被害が発生することを防ぐことを理解する。
解答イ