• プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼令和元年度秋期:問73 生産現場における機械学習の活用事例として、適切なものはどれか。

ア 工場における不良品の発生原因をツリー状に分解して整理し、アナリストが統計的にその原因や解決策を探る。

イ 工場の生産設備を高速通信で接続し、ホストコンピュータがリアルタイムで制御できるようにする。

ウ 工場の生産ロボットに対して作業方法をプログラミングするのではなく、ロボット自らが学んで作業の効率を高める。

エ 累積生産数が倍増するたびに工場従業員の生産性が向上し、一定の比率で単位コストが減少する。

▼上に出てきた用語の意味
【機械学習 Machine Learning】経験からの学習により自動で改善するコンピューターアルゴリズムもしくはその研究領域。人工知能の一種。(Wikipedia)

▼今回の問いとFEのシラバスの関連を赤の★印、既出は橙色の★印で示しました。

表の出所 FEのシラバスから筆者が作成。

▼IPのシラバスでの位置付け
中分類13:基礎理論 >35. 情報に関する理論 >(5) AI(Artificial Intelligence:人工知能)の技術
〔用語例〕機械学習(教師あり学習、教師なし学習、強化学習)

▼比較:FEのシラバスでの位置付け
中分類1:基礎理論 >3.情報に関する理論 >(8)AI(Artificial Intelligence:人工知能)
〔用語例〕機械学習
解答ウ