• プログラミング教室、小中高生、大人、コンピュータ科学

▼「通信に関する理論」はIパスにはなくて、FEとAPにある項目。情報の伝え方の技術や方法が分かる。

▼内容にはAMやFMがあり、これはラジオでおなじみ。このほか、いかに効率的に伝えるか、いかに誤りなく伝えるかについて、先人が工夫して編み出したテクニックを知ることができる。