• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

コンピュータ科学:CPUとメモリの働きの説明について院生講師が作った教材案を元に議論(の続き)を行いました。説明が難しいものをどう伝えるかの訓練になっています。これが会議でいちばん時間がかかりました。情報提供:テーマは院生講師がAIの学会で発表した体験報告。アウトプットの重要性を伝えます。この情報提供に続くグループコミュニケーションでは、再来週の成果発表で生徒が何をアウトプットするか、話し合ってもらうことになりました。情報提供とグループコミュニケーションに流れがあるので、良い感じです。