• 国立大学法人電気通信大学と電気通信大学発ベンチャー企業の連携によるプログラミング教室

今回のコンピュータサイエンスⅡでは、フリップフロップ回路を取り上げました。フリップフロップとはシーソーのぱったんぱったん。教室での説明もシーソーの両端に0と1が乗ってできる4つの組合せで説明しました。教材作成担当は武田講師。準備会議でリハを繰り返す度に修正したので、とても分かりやすい解説になりました。フリップフロップを初めて知ったという生徒もいれば、さっそくマイクラで作る生徒もいました。